レコルト グラインド アンド ドリップコーヒーメーカー RGD-1 フィーカ コーヒーミル recolte FIKA フラットカッター式 口コミ・レビュー

レコルト グラインド アンド ドリップコーヒーメーカー RGD-1 フィーカ コーヒーミル recolte FIKA フラットカッター式
価格: 13,200円

⇒ 口コミ・レビューはこちら
⇒ 販売ページはこちら

豆からでも粉からでも本格コーヒーを作れる全自動コーヒーメーカー レコルトGrind and Drip Coffee Maker FIKA 挽きたての豆で本格的なドリップコーヒーが1杯から4杯まで楽しめる、ミル内蔵の全自動コーヒーメーカー。「フラットカッター式ミル」でコーヒー豆を均一性のある中細挽きの粉に仕上げ、さらに、「蒸らし」機能により味や香りを引き立たせます。   フラットカッター式とはプロペラ式に比べて、豆を挽く際の摩擦熱が少なく、切り刻むように挽いて均一性のある粒に仕上げることができます。雑味を抑えた、コーヒー本来の味や香りを存分に出せるミルです。 挽く前 挽いた後(中細挽き)   使い方   1 フィルターにミルとパーマネントをセット※ミルは「LOCK」と書いてある方向(時計回り)に回してロックします。 2 本体に1をセット1を本体に入れ、時計回りに回してカチッと音がするまで回し、しっかりと取りつけてください。※確実に取り付けられていないと、[フタ]がはまりません。   3 ウォータータンクに水を注ぐウォータータンクのフタを開け、水位窓を確認しながら、必要な量の水を入れます。 4 ガラスポットをセットガラスポットを保温プレートの上にセットします。   5-1 コーヒー豆を使う場合 ミルがロックされているのを確認します。確認したら、付属の計量スプーンで、コーヒー豆を入れます。分量は下記を参照してください。コーヒー豆はできるだけ平らにならします。 ・1カップのコーヒーの場合:計量スプーン4杯(約16g) ・2カップのコーヒーの場合:計量スプーン5杯(約20g) ・3カップのコーヒーの場合:計量スプーン6杯(約24g) ・4カップのコーヒーの場合:計量スプーン8杯(約32g)   5-2 コーヒー粉を使う場合 ミルがロックされているのを確認します。確認したら、パーマネントフィルターのフタを開け、付属の計量スプーンで、コーヒー粉を入れます。分量は下記を参照してください。コーヒー粉全体をできるだけ平らにならしてパーマネントフィルターのフタを閉じてください。 ・1カップのコーヒーの場合:計量スプーン4杯(約16g) ・2カップのコーヒーの場合:計量スプーン5杯(約20g) ・3カップのコーヒーの場合:計量スプーン6杯(約24g) ・4カップのコーヒーの場合:計量スプーン8杯(約32g)   6 本体のフタを閉める フタは蒸気口を手前にして真下にはめ込んで閉めます。 ※フタが確実に閉まっていないと電源が入りません。   7 電源ボタンをON電源プラグをコンセントに差し込んでください。手順1: 電源ボタンが2回点滅して消えます。手順2: 電源ボタンをONにします。電源ボタンが点滅します。 8 ドリップボタンを選ぶガラスポットを保温プレートの上にセットします。電源ボタンが点滅したら、セットしたコーヒー豆またはコーヒー粉に適したモードのボタンを押します。 コーヒー豆の場合は量によって豆のイラストのボタン2種から、コーヒー粉の場合は粉のイラストのボタンを選びます。   8-1 コーヒー豆を使う場合 コーヒー1?2杯を淹れる場合:豆モード1?2杯のボタンを押す。 コーヒー3?4杯を淹れる場合:豆モード3?4杯のボタンを押す。※右写真はコーヒー1?2杯を淹れる場合です。   8-2 コーヒー粉を使う場合 粉モードのボタンを押す。選んだモードのボタンの点灯が消えたらドリップの終了です。ドリップ開始から40分間後に電源がオフになり保温が終了します。   COLOR   ホワイト レッド ブラック     SPEC ■商品名:Grind and Drip Coffee Maker FIKA ■型番:RGD-1 ■重さ:約2.5kg ■本体サイズ(ガラスポットセット時):約 幅17.5 × 奥行28.0 × 高さ29.5cm ■最大容量:560ml(コーヒーカップ4杯分) ■定格時間:ミル/70秒 ■電源:AC 100V 50/60Hz ■消費電力:600W ■電源コード:約1m ■付属品:フタ、フラットカッター式ミル、フィルターホルダー、パーマネントフィルター、ガラスポット、軽量スプーン、掃除ブラシ ■材質:本体:PP、ステンレスガラスポット:PP、ガラス ■広告文責:(株)エル・ローズ TEL 0776-67-7223

販売元:楽天市場 サンテラボ

タイトルとURLをコピーしました