焙煎職人13cm【ギフトラッピング不可】 口コミ・レビュー

焙煎職人13cm【ギフトラッピング不可】
価格: 1,658円

⇒ 口コミ・レビューはこちら
⇒ 販売ページはこちら

・焙煎容量:生豆約 50g ・素材:18-8ステンレス(握手=天然木)製 ・本体サイズ:130φ、長さ305mm、高さ40mmご家庭で煎りたての珈琲が楽しめる「焙煎職人」珈琲豆はワインと同じで、煎ってからの鮮度が重要。コルクを抜いたワインが時間と共に酸化をし風味が落ちるのと同じように、珈琲豆も焙煎をした時から酸化が始まり数週間後には油が戻った風味になってしまいます。難しいと思われがちな自家焙煎ですが、新鮮な珈琲を気軽に楽しむにはこれが一番! 左右に振る網の底を凸凹にする事で豆を踊らせ、煎りムラが出来にくいこの焙煎職人なら気軽に自家焙煎が楽しめます。 煎りたての風味を是非、ご家庭で味わってみてください。 【直火による焙煎の方法】 用意する物: 珈琲生豆、冷却用アミまたはザル、チャフ(豆の皮)が飛び散るのでカセットコンロをオススメします。新聞紙を敷くと後片付けが楽です。場合によって冷却用のうちわ、扇風機があると便利です。 火 加 減:中火(カセットコンロの場合は2.9キロカロリーで強火)で約5?10センチ離して、1秒間に2往復を心掛けて左右に振ります。 5?10分程で茶色くなります。 さらに焦げ茶色になるまで煎る。 網全体から煙りが立ち上がります。 バチ、バチと1ハゼが始まります。 パチパチパチと2ハゼが始まる。   焙煎職人を使用し直火100%で行うと、色はフレンチまでいきますが、2ハゼの時間を短くすると浅煎りの風味、長くすると深煎り(苦味が強)になります。お好みで2ハゼの時間を調節して下さい。(焼け焦げた臭いになる前に火を止めて下さい)火を止めたら網を振りながら冷却を行うか、ドライヤーの冷風、うちわ等で豆を冷やしてから取り出して下さい。 【蒸し焼き+直火による焙煎の方法】 焙煎職人の網全体にアルミホイールを巻き付け、半分蒸し焼き、半分直火にて焙煎します。チャフ(豆の皮)がアルミホイール内に溜るので飛び散りが少なく、蒸す事で円やかさを、直火でキレを引出します。煎り方は「直火による焙煎」と同じですが、1ハゼが始まったらアルミホイールを外し、直火で2ハゼまで煎ります。色も深煎りし過ぎない程度で、円やかな風味になります。※焙煎時間やチャフの多さなど、豆の種類により異なります。 私の場合、初めは何回も失敗を繰り返しましたが、それでも焙煎仕立ての豆は古豆に勝る風味でした。経験を積むことで好みに近い風味に仕上がっていきますので、皆さまも是非お試し下さい。

販売元:楽天市場 ブランディングコーヒー

タイトルとURLをコピーしました